城南医志塾ブログBlog

2024-05-10更新

模試の使い方

 

医学部を目指すみなさん、こんにちは!

『城南医志塾』です。

ゴールデンウィークも終わり、5月も中旬ですね。
ゴールデンウィークは有意義に過ごせたでしょうか?

5月に入ると模試が本格的に始まってきます。

受験生にとって模試はとても大事です。
それはおそらくほとんどの受験生の方はご存じだと
思います。

では、

なぜ大事なのか?
どう活用すればいいのか正しく理解できているでしょうか?

今回は受験生にとって大事な模試の活用方法
についてお話ししていきたいと思います!

 

模試で一番大切なこと!

模試の結果が返却されると、みなさんまずどこを見るでしょうか?

志望校の合格判定を見て一喜一憂…
偏差値を見て一喜一憂…
順位を見て一喜一憂…

という場面をよく見かけます。

確かに自分の立ち位置を知ることも大切なことの一つです。
それも含めて、模試で一番大切なことはズバリ
「自己分析」です!

模試は本番の試験を想定した練習です。

であれば、正しい使い方は
本番の試験を突破するためには自分には何が必要か
を知る材料にすることです!

極端な話、「模試で英作文が全くできていない」としても自分が受験する大学に英作文が出題されないのであれば、大きな問題ではありません。

逆に「偏差値は70を超えていたが自分の志望校で出題される文法がボロボロだった」としたら早急に対策する必要があります。

なので、純粋に自分の立ち位置を知るだけではなく、
”何がどれくらいできている”必要があって
”何ができていて何ができていないのか”
確認する必要があります。

※自分だけでどう分析すればいいかわからない場合はお気軽に医志塾にお問合せ下さい!
医学部入試のプロが詳細に分析し、アドバイス致します!
⇩⇩⇩

 

 

 

 

模試の受け方(頻度、種類)

よく聞かれるのが、
「どれくらいの頻度でどこの模試を受ければよいか?」です。
いわゆる大手の模試だけでもかなりの数の模試があります。

頻度

頻度はおおよそ月に1回程度がオススメです!

理由としては、勉強の成果が出るには早くてもおおよそ1か月はかかるからです。

先ほど書いた通り、模試は自己分析のツールです。
自分の学力が伸びてほしい方向に成長しているかを見極める必要があります。

そのためには勉強をしてその成果を見る必要があります。
ですので、

受験間隔が狭すぎる
⇒成果が出ているかどうかの判断ができない。

受験間隔が広すぎる
⇒勉強の方向性が間違っていた場合、
空いた時間分の勉強効率が下がりもったいない。
タイムリーな修正がしづらい。

種類

模試の種類は大きく分けると3種類に分類されます。

①マーク模試
②記述模試
③特定の受験者を対象とした模試

です。

①マーク模試については、基本的に共通テストを想定した模試になります。
主に共通テスト受験を視野に入れた方におすすめの模試です。
また、共通テストを受験しない方でも受験者の多い模試では自分の立ち位置を知るためには有効です。

 

②記述模試については、国公立の二次試験、私立大学の入試を想定した模試になります。
主に国公立の二次試験、私立大学の入試対策におすすめの模試です。

解答を選ぶマーク模試に比べるとすべて自分で書く(選択問題も多少はありますが)必要があるため、
難易度はやや難しいです。
また、国公立大学の二次試験・私立大学の入試ともに多種多様なので、模試自体は総合学力をはかる一般的な問題群と考えて下さい。

さらに受験学年向けの多くの記述模試はマーク模試とのドッキング判定ができます。
国公立志望の方はぜひドッキング対象のマーク模試も併せて受験してみて下さい!
より詳細な分析をすることができます!

 

③特定の受験者を対象とした模試は特定の大学や学部を想定した模試になります。
言うまでもなく、想定された大学や学部を目指している方におすすめの模試です。

例えば東大を想定した模試であれば、東大の問題に準拠した出題ですし、受験者も東大志望者がほとんどなので、
東大を受験するにあたっての自己分析がとてもしやすいですね。

もちろん医学部を受験する方に特化した模試もあります。
医志塾でも「医学部入試模試」を年3回実施していますので、
興味のある方はぜひお問合せ下さい。
⇩⇩⇩

 

 

 

 

模試前にやるべきこと

まずは、目標を立てましょう!

 

 

 

 

 

点数

マーク模試や特定の受験者を対象とした模試では志望校の合格ラインから時期を逆算して、
「最低これくらいの点数が欲しい」
という目標を各科目ごとに決めましょう。

しっかりと分析ができていれば、
さらに細かく大問ごとの目標点も決めておくとなおよいです。

時間配分

意外と見落としがちですが、どれくらい時間をかけて解くかもシミュレーションしておきましょう!
特に共通テスト模試は問題量が多いため、なんとなく解いていくと時間が足りなくなる可能性があります。
こちらも大問ごとにおおよそかける時間の目安を決めておくとよいです。

また、時間の設定をする際、
全科目5~10分程度は残るように組み立てましょう。
見直しももちろんですが、本番になるとより慎重になってしまう人が多いので、練習の時は時間内に終わっていたが、本番は時間が足りなかったという人がよくいます。
はじめのうちは5~10分残すくらいでちょうどか少し足りないくらいになると考えておいてください。

練習

目標の点数・時間が決まったら練習してみましょう!
特に時間設定は思った以上に時間がかかる問題も多いと思います。
実際に解いてみてかかった時間と正答率から、
「どこに時間をかけて点数をとるか」
をしっかりと組み立てましょう!

模試後にやるべきこと

こちらはおわかりの方も多いと思いますが、
「自己分析」と「復習」です。

マーク模試の場合はまず、
自己採点をしましょう!

共通テスト本番も成績開示をしても結果が返ってくるのは大学生になった後です。
国公立に出願する方は自己採点の結果で出願校を判断しなければなりません。
自己採点と結果にズレがないか、ズレている場合はなぜズレたのか確認しましょう!

自己分析は想定通りに問題が解けていればあまり必要ありませんが、想定(目標)と乖離がある場合はなぜその乖離が起こったのか?
目標を達成するためには何をすべきなのかじっくり考察しましょう!

自己分析が完了したら、復習です。

できなかった問題を確認し、解答に至るプロセスを確認、知識が入っていなかったものに関してはしっかりと入れ直しておきましょう。

 

まずは無料個別相談へ

「まずは相談してみたい」「もっと詳しく知りたい」方は
ぜひ無料個別相談にお越しください!

受験の振り返り、学習プランの相談、メンタルケアなど幅広くご対応させていただきます!

ご予約はこちらから
⇩⇩⇩