指導スタッフStaff

顧問医師からのメッセージ

新着情報

Facebook

受験生を、「合格者」ではなく
「優れた医師候補生」に育てる指導スタッフ

城南医志塾では、「顧問医師」「プロ講師」「塾長」「現役医大生トレーナー」の役割の違うスタッフが医学部受験生一人ひとりを支えていきます。

顧問医師

顧問医師

医学のエキスパートだからこそ伝えられる、“医師になるということ”“医学部入試に必要なこと”。
城南医志塾では現役医師を顧問としてむかえ、受験生の“医志”を支えます。

受験生へのメッセージはこちら

精鋭プロ講師

城南医志塾では、数多くの受験生を合格へと導いてきたプロ講師が納得いくまで根気よく指導。
解答までのプロセスを瞬時に見極める洞察力を鍛え、学問の本質を探求するための知識と技術を授けます。

英語

医学部に合格するためには、英文を読みこなす潤沢な単語力と、出題された英文を素早く処理し、正解を得る技術が必要です。城南医志塾ではテストや課題を設定し、適切に単語学習が行われているかを確認します。さらに読解技術については、ベテラン講師の少人数制指導によって、習熟度に応じた指導を行い、栄光へと導きます。

石川講師

石川講師

医学部の入試英語問題では、常に基本が問われているように思います。基本=簡単なことではなく、物事を成り立たせるのに不可欠な根源にあるものです。これが求められるからこそ単語や文法の丸暗記や小手先のテクニックでは太刀打ちできないのです。これを攻略するには、しっかりとした理解に基づく豊富な知識を使い自分の力で限界まで考え抜く訓練が必要です。一緒に「本質を見抜く」力を築いていきましょう。 "The best way to predict your future is to create it."

田中講師

田中講師

よく「長文は大丈夫。でも文法が苦手」という声を耳にします。語築がある程度定着すると、単語をつなぎ合わせるだけで何となく藤味が取れるからですが、それだけでは入試に勝てません。もちろん語果は大切ですが、加えて正確な文法知識、語法知識などがなければ入試には勝てません。城南医志塾では、語柔チェックと同時に、文法をなるべく平易な例文を用いて学習していきます。身近な例文なら覚えやすいですよね。それぞれの受験生のレベル、志望に合わせて弱点を克服し、毎回「あ、そうか!」と言える授業。それが私の目指す英語授業です。

数学

国公立や私立に関わらず医学部の入試は、高い学力をベースに大量の問題を正確かつスピーディーに解答する能力が求められます。問題の本質がどこにあるのか、その公式をどこで用いるのかなど、数学に対する深い理解も必要となります。城南医志塾ではそれらを最も効果的に鍛える指導で本物の学力を養成します。

西川講師

西川講師

医学部の入試で出題される問題は、押し並べて難解であると言わざるを得ません。しかしそのような問題は、教科書などに載っている基本的な知識が融合されている問題が大半です。全ての分野の基礎をしっかり固める事ができれば、自ら解ける問題が増えてくるはずです。受験勉強に使える時間は、ライバル全員平等にあります。大切なことは、その時間を効果的に使う事。どう使えば良いのか?ただ数学の解法を教えるだけでなく、そのアドバイスもしていきます。是非一緒に頑張りましょう!

化学

国公立や私立に関わらず、医学部の入試は大学によって出題傾向が大きく異なります。しかし、最も大切なのは基本事項の習得であると断言します。一見難解に見える医学部特有の問題であっても、基本事項がしっかり習得されていれば解ける問題がほとんど。やればやるだけ結果がついてくる科目ですから、ぜひ信じてついてきてください。

松永講師

松永講師

化学には、例えば、合金の成分のように単に覚えるだけのものもあれば、中和滴定のように原理や仕組みの理解が必要なものもあります。そのため、化学を勉強する際に、「何から始めればよいのか?どのように勉強すればよいのか?」と悩む人もいるでしょう。どうか我々に相談してください。適切な勉強の仕方、頻出事項や重要事項の解説、入試問題の演習など、学力UPに向けて皆さんをしっかりとサポートします。合格を目指して頑張りましょう。

生物

医学部という最難関学部に合格するためには、「生命現象の本質」を正しく理解することが必要です。入試問題に自信を持って答えられるだけの高い学力と解答力を築き上げるには、少人数制の集団授業と個別指導で効率良く学習するのが一番効果的。プロ講師のアドバイスにより、飛躍的に点数を伸ばすことが可能です。

村杉講師

村杉講師

生物という科目は、新発見や新発明が多いぶん、受験生の負担が大きい科目です。教科書の内容も高度で、理解するのも一苦労。生物選択者を「修行僧」なんて言う人もいますし、生物以外の科目で受験したほうがよいのでしょうか…?いえいえ、そんなことはありません!難易度が高いからこそ、しっかり学べば、合格のための強い武器になるんです。大事なのは、何が問われるか把握すること。それを一緒に、学んでいきましょう!

物理

医学部、特に私立大学の物理入試問題は難易度としては標準的です。しかし一般の理工系学部と違うのは、問題の分量が多く、限られた試験時間内で確実に正答しなければならないこと。授業では問題を解くためのテクニックだけではなく、様々な現象を根本から理解できるようわかりやすく説明していきます。

小林講師

小林講師

「匙を投げる」という言葉があります。「諦める」という意味です。この「匙」はただのスプーンではありません。医師が薬の調合に使った「匙」です。つまり医師が諦めることを意味します。医師は最後まで諦めない存在なのです。これから医師を目指すみなさんは一人ひとり自分の「匙」を持っています。決して自分で自分の「匙」を投げてはいけません!可能性を追及し、努力をし、小さな「匙」を大きな「匙」に変えて下さい。受験は誰もが通る道です。自分から自分の可能性を捨てないように、「若木は嵐に育つ!」。ともに頑張りましょう!

森講師

森講師

物理の探求には2つの段階があり、第一に自然現象に何が起きているのか感じとることであり、第二に感じとったことを自然のコトバとして表現することです。後半は、数学的処理になりますが、医学部を目指す受験生には、前半の「感じとること」が合格にとって最も大切です。現象の本質を定性的に捉えることで、短時間に多くの問題を正確に処理することができるからです。医志塾の授業を受ければ、物理に関する考え方が180°変わります。目標に向かって一緒に頑張りましょう。

小論文

医学部の小論文は、他の学部とは異なり、知識・教養や倫理性を見るだけではありません。臨床において最重要とされる資質・適性の有無も、小論文によって判断されるのです。城南医志塾では、小論文作成の基礎から医療知識、さらには医療人としての心構えまで、丁寧に指導していきます。

三浦講師

三浦講師

近年の医学部の小論文は、出題テーマも形式も各大学によってバラエティに富んできているので、短期間に対策することは難しくなってきました。したがって、様々な問題に対して日頃から関心を持ち、考える習慣を付けておくことが大切です。さあ、一緒に楽しみながら小論文の対策をしていきましょう。未来のあなたを待っている患者さんのもとへ、羽ばたく準備をしていきましょう。

塾長

学力向上への戦略と情報を取捨選択しながら、医学部合格を叶える総合指導

人気の高まりとともに、より狭き門となり熾烈さを増している医学部入試。
城南医志塾の塾長は、1,000名を超える受験生を指導してきた受験のエキスパートです。
医学部合格に必要な「学力」と「戦略/情報」、そして強固な“医志”をサポートし、合格への総合指導を行います。

西浦 早苗(にしうら さなえ) 塾長

西浦 早苗(にしうら さなえ) 塾長

略歴

進学指導した生徒は1000人を超える。
生徒一人ひとりの特性を把握し、
保護者と一体となって寄り添い、指導する姿勢に定評がある。

”医志”とは、医学部入学への強い「意志」と、それを達成する「技術」。

医学部志願者は国公立・私立大学合わせて13万人を超え、入学定員数に対する志願倍率は、14倍近くなっています。更に私立大学医学部では、20倍〜30倍は当たり前の時代となり、合格には模擬試験の偏差値65以上の学力が求められます。また医学部入試では、その確固たる学力に加えて、二次試験で課される小論文・個人面接・討論型面接等の、「人物を評価する試験」が重要視されます。近年は従来型の質疑応答の面接のみならず、複数の面接官と課題について対話する形式も多く採用されています。即ち、医師として人の生命と向き合うに相応しい人材か判断されるということです。これは正解を追求する学力試験とは違った意味で、受験生に精神的なタフさと柔軟さが求められます。
 城南医志塾ではプロ講師陣による、基本から医学部入試に対応できる学力指導に加え、医志教育という独自の方法で二次試験対策を行っています。その教育を通じて、高度な学力と共に、医学部入学後も良医となる志を持ち続けられる人材を育てたいと考えています。毎週の医志教育は単なる二次試験対策ではなく、心を動かされることも多く、医師を目指す初心が蘇ったり、医療とそれを取り巻く社会の問題を真剣に考えたり、ディスカッションを通じて他者の意見を吸収する場となっています。その過程で面接に必須の、自分の考えを言葉にする力も付けていきます。このことは、日頃の学習に対するモチベーション向上にも繋がっています。そして、多くの受験生が医学部入試の本番へ揺るがない志をもって向かい、見事合格を勝ち取ってくれています。
 学力と人間力、その双方をしっかりと培った学生を医学部へ送り出すことが、我々のできる社会貢献だと考えています。 まず、あなたの思い、悩みを全て私に話してください。

一緒に手を携え、目標に向かいましょう。

現役医大生トレーナー

現役医学部生を中心とした先輩が、トレーナーとして受験生を応援

今まさに医学部で勉学に励んでいる先輩の存在は、受験生にとってなによりも身近で頼もしい存在。
教科指導から進路相談、勉強方法まで、受験生を一番近くで支えます。

現役医大生トレーナー在籍大学

など多数の現役医学部生が在籍しています。