2018年合格者の声Voice

顧問医師からのメッセージ

新着情報

Facebook

合格者の声

志望校合格を勝ち取った、合格者の声をご紹介します。

日本医科大学医学部 合格 菅 潮里(すが しおり) さん

“自分がどんな医者になりたいか”をイメージできました。

まず第一に、学習計画が自分のレベルに合っていたのはもちろん、その時期の学習状況に合わせて組んでもらえるところが良かったです。そのおかげで合格までの最短距離を進むことができました。

個別授業においては、先生方があらゆる教材から問題を集めてくださるので、多様な問題に触れることができました。ピンポイントで苦手な分野をリクエストしても、きちんとそれに合った教材を用意してくださるのもありがたかったです。
また、医志教育のおかげで「小論文の文中に用いられる用語が分からない」「何について書くべきなのか分からない」といったことは一度もありませんでした。さらに頻繁に行うディスカッションも集団面接を受ける際に役立ちました。学校によっては二次試験の比重が大きいところもあるので、一次試験からの逆転を狙うには最適なシステムだと思います。
また二次試験のためだけでなく、現役の医大生や医師という目標とする存在が近くにいるおかげで、モチベーションが向上しました。

横浜市立大学医学部 合格 師岡 海和(もろおか かいと) さん

リラックスして受験できたのは城南医志塾のおかげ。

塾長は医学部の面接について熟知しているので、面接練習を通して各大学で今まで聞かれた質問内容を把握することができ、入試本番は安心して臨むことができました。また、一年間の勉強計画を立てる際に各大学の過去問対策をいつ頃から始めるべきかを悩んでいましたが、塾長から的確なアドバイスをいただき、入試が近づいてくる時期でも落ち着いて勉強に集中することができました。

スタッフの皆さんもとても親しく接してくださったので、不安なことがあるとすぐ相談することができ、ストレスを溜めこまずに勉強し続けることができました。合格した時は「やった!」という喜びよりも、ほっと安心した気持ちの方が大きく、一年間勉強してきた努力が報われて、本当に肩の力が抜けたのを覚えています。

東京女子医科大学医学部 合格 二宮 綾乃(にのみや あやの) さん

少人数だから勉強に集中できました。

初めての受験だった私にとって、塾長や顧問医師、医大生トレーナーを通して医学部受験について多くのことを知ることができたことは非常に大きかったです。少人数であるため、私のことをしっかりと理解して下さっていたので、思っていることを話しやすかったし、予定を立てる際にも助かりました。
私は幼いころから勉強に集中するまでに時間がかかってしまったり、集中力が途切れてしまうことがありました。自分でもこの性格をよく理解していたので、勉強する教科を変えたり、城南医志塾の自習室だけでなく色々な教室を使わせてもらい環境を変えることで乗り切りました。どの授業もとても楽しく、いつも次の授業を心待ちにしていました。毎回楽しく学ぶことができ、知識が増えることが嬉しかったです。
また、私に合った方法で細かく、わかりやすく教えて下さったおかげで、自分に合った勉強法を見つけることができました。医志教育ではたくさんの医師の姿を見ることで、どのような働き方が自分に合っているのかをじっくり考えるきっかけにもなり、人から求められる場所で活動できる医師になりたいと思いました。

昭和大学医学部 合格 近藤 哲平(こんどう てっぺい)さん

二次試験対策が充実していて顧問医師の指導を受けられる。

私は二次試験対策を重点的にやりたいと考えていましたので、二次試験対策が充実しており、また顧問医師による指導が受けられることが入学を決めるきっかけとなりました。

医志教育ではディスカッションであったり、自分の考えたことを発表する場であったり、現役医師の講演などを通して様々なことを学びました。その中でもディスカッションが非常に役に立ちました。自分の考えを整理して人にいかに伝えるか、そして人の意見を聞くという能力を養うことができたと思います。
また、授業はどれもクオリティーが高かったのですが、特に生物の授業の先生は私が望んだところを丁寧に指導して下さり、自分では気づかない弱点も発見してもらうことで成績を伸ばすことができたと思います。

受験勉強がうまくいかない時には、自分が今、こんな辛い思いをしているのは医学部に入るためなのか、医師になるためなのか。そして、やはり医師になるための勉強だということを再認識しました。そうすることで「まだ通過点なんだ」という認識をもち、勉強に身が入りました。

過去の合格者の声はこちら